2012年7月24日火曜日

7/23講座 「手当人が知っておきたい衣食住のこと」

第1回開催いたしました。


クラニオセイクラルセラピーを学ぶ仲間 治療家・セラピスト・医療者の皆さんと勉強会しました。




















 治療やセラピーしてもいっこうに病が改善しないことはよくありますね。


身体は衣食住でなりたっている。
毎日、身体が何を浴びているか
何に包まれているか
何を食べているか

 有害物質は今やありとあらゆるところに潜んでいて、 それが積もり積もって症状になっていることは珍しくありません。

 不調をきたすものが、衣食住のどこにあるのかを検証してみました。

日々身を包む衣類の繊維のこと、
それを洗う洗剤のこと…
口にする食べ物のこと…
そして住空間のこと。 

今回は、排出のシーズン「夏」にフォーカスして、実践可能なアドバイスにつながるような智恵を学び合いました。 

お手当をしながら、クライアントさんに、少しでも生活改善のアドバイスができたらいいですね。 


ランチは和歌山県の自然農をされている農家さんからお野菜を取り寄せて
講師のひろのさんがお料理しました。

とってもパワフルなお野菜で、素材の味が活かされたお料理で大満足 しっかりエネルギーチャージできました!  


0 件のコメント:

コメントを投稿