2014年10月31日金曜日

倉敷クラニオ体験会

こんばんは。岡山の助産師しぶやなつみです。
随分と前の事になっていましたが、倉敷のママサークルでのクラニオセイクラルセラピー体験会と、宮崎でのお母さんと赤ちゃんのためのクラニオセイクラルセラピーの報告をさせて頂きます。
緑に包まれた写真は、倉敷のとのやま山荘でのクラニオ体験会です。子どもたちは外で思い思いに遊んで、お母さんたちは気兼ねなくゆるゆるタイムです。
ここでは、「触れるだけでこんなにあったまるんですね!」「緩むという感覚が初めてわかりました。」「手が馴染むという感覚がわかったような気がします。」という感想を頂きました。続けて数人の方をお手当したので、それぞれの方の緩むタイミングの違いや、体の特徴の違いを感じることができて、勉強になりました。
木に包まれている写真は、宮崎のもあな助産院での、お母さんと赤ちゃんのためのお手当会の様子です。
初めは赤ちゃんの様子を気にして、お手当を味わえなかったお母さんも、しばらくして、赤ちゃんがすやすやとお手当を受けている姿を確認して、じんわりと緩んでいくのがわかりました。生後二ヶ月にして便秘の赤ちゃんは、お手当中にぷりっとおなら。その後毎日うんちが出るように!毎日育児を頑張ってだんだん凝り固まっていた体と、緩んだ体の違いを感じた、美しいお顔になったお母さん。産後、なんだかよくわかないけどお腹がぽっかり空いて、さみしいさみしいと言っていたのに、お手当の後からじんわりとおなかが満たされてきたというお母さん。
本当にやってよかったとしみじみ思います。
「うんうん、わかってるよ、頑張ってるよね、大丈夫だよ。お母さんの愛も赤ちゃんの命も、なんだかんだの毎日の中でも、ちゃんと光り輝いているんだよ」
と、言葉で面と言えない性分なので、お手当で伝える事ができて、嬉しいです。そして、有難い感想をいただくとその思いが伝わっているようで、幸せです。
みなさん、ありがとうございます。

0 件のコメント:

コメントを投稿