2014年11月1日土曜日

北海道・十勝おさらい会を開催致しました。

北海道・十勝おさらい会ご報告
札幌の藤山です。
帯広近郊の芽室町でおさらい会のナビをさせていただきました。会場は、芽室のスーパー助産師にしてお手当人の、前川さんのお宅にて。
十勝にもお手当の輪が広がってきています!
ご参加は6名。
・内旋の体の使い方〜自分の体の中心を意識する動作、そうでない動作の体感の違い
・体に触れる手の置き方〜指の開きと意識の使い方
・さらに、呼吸に合わせてひとつずつの動作をしていく一息お手当にもチャレンジしてみました。

少しの所作の違いで、受け手には丁寧さや、安心感などが
随分違って伝わることを確認しあえたと思います^ ^。

また、この日は、ゲストとして手足に障害のあるお子さんとそのお母さまもクラニオ体験にいらっしゃいましたので、おさらいの合間合間に、私もお手当。
最後には、お母さんとお子さん並んで横になってもらって、みんなでお手当をしました。
お子さんは自力歩行が難しく、足を触ると氷のように冷たかったのですが(いつもそうだとのこと)、お手当しているうち、内からぽわっと温かさがにじみ出てきて、だいぶぬくもりが戻りました。終わるころには、本人「暑い」と言っていて、お母さんも「いつもと足の温度が違う」とおっしゃっていました。
ふだんは電気毛布なしには寝られないとのことだったので、お腹のお手当はとくにおすすめし、湯たんぽも提案しました。
みんなでよってたかってお手当して、お子さんは嬉しはずかしな表情^ ^。ほんとうに可愛いお子さんで、お母さまも愛情いっぱいな様子にジーンとしました。
この親子さんに会えたのは、この日の参加者でもある平崎さんが「クラニオを体験してもらいたい」と誘ってくれたおかげ。
そういうのもステキだな〜と思った十勝おさらい会でした!

0 件のコメント:

コメントを投稿