2015年3月30日月曜日

おさらい会日記 

宮川さん 先日の水曜日に白金台でセカンドおさらい会がありました。
一呼吸毎にポジションを移動するという短い時間で移動するお手当をする機会がありました。
その時、僕自身がお手当をしていて、なんだか居心地の悪さを感じていました。
なんとなく納得のいかない感じで、お手当終了。
受けてくれていたありちゃんは、自分の不完全感とは違い、良かったと言ってくれました。
その後にシェアをしていて、みっちゃん先生の話もあり、その不完全感が自分の中の”完璧でなくてはいけない”という思いに気がつきました。
クラニオは、お手当をしている方も深い気づきをもたらします。
お手当をする人、される人という関係性の中で様々な気付きがおき、
それは、受けている人だけではなく、お手当をしている人にも訪れます。
手の感覚から意識が広がり、自分の思考までもがゆったりしてくるからこそ、無意識で行っている自動思考にも気づくことが出来るのでしょう。
感じる→気づき→あじわい→手放す。。。
お手当をする方もほんと、癒やされて行くんだなぁ~と
しみじみ感じました。
そんな事を3日たった今、ありがたいなぁという思いとともに
感じています。
また、皆さんと、おさらい会でお会いできるのを楽しみにしています^^
ありがとうございました。
白金台カイロプラクティック
宮川智一

0 件のコメント:

コメントを投稿