2014年7月29日火曜日

身体感覚講座 in 札幌


★★★北海道の皆様へ  身体感覚講座のお知らせです 
沖縄でも大好評だった身体感覚講座、札幌にて開催
日程が決まりました!
どなたでもご参加いただけますが、クラニオの会のかた優先予約致します。下記に「参加するつもり~」の希望段階でもいいので、コメントください。お席確保します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
身体感覚講座 in 札幌
Umiのいえにて大好評の「身体感覚講座」札幌に伺います。
触診ができる手、相手を感じ取る感性、ぶれない軸、懐を深める、地に足がつくとは、どういうことか。いくつものワークを通じて、自らの身体でつかんでいく贅沢な二日間。
医療者、治療家、セラピスト、アーティスト、料理人、どなたでもご参加いただけます。自分の手で自分の感覚でお仕事をされていかれるかたに、おすすめです。
●テーマ:相手の状況を察する感受性を高めよう
人と関わること、
創作活動をしていくこと
身体に触れること
そのときに、私は相手にとって心地よい存在になっているだろうか
身体からのサインをキャッチできているだろうか
自分のありようが仕事場や家庭にどれだけ影響を与えているだろう・・・。
必要なときにさっと手が出るような身体と感性はどう磨いていくのか?  
自分の身体が自然体にもどってくると、おのずから場の空間も空気がかわります。 
それを体感していきましょう。 
●講師松田先生からのメッセージ・・・・
身体感覚講座では、東洋的な身体の使い方、観方を実践することで、からだと心のありようの変化を内観していきます。
相手の状況がわかるのは、まずは自分の感受性なのです。
その感受性をどう高めたらよいのか。
それには、まず、身体全身を一つにまとめた状況に戻すことが大事です。
いわゆる、上虚下実という体勢に、まずは自分を戻すこと。
それは、日本で昔から大事にされてきた身体の在り様です。
人のからだは、下半身が充実するほど、上半身の余分な気張りや力が抜けてきます。
そのバランスは自然体と呼ばれ、その体勢において人は、本来持つチカラを悠々と発揮できます。
いわゆる気配を察する能力を高めるためには、
頭を身体の一部にし、下半身が安定して身体が一つにまとまっている状況が必要です。
講座では、自然体に戻ることを、自分でできるようになるよう目指します。
それは、安定した心持ちと、冷静な判断力、咄嗟の対応力、機敏に動けるからだにつながります。
【講師】松田恵美子(まつだ・えみこ)
身体感覚教育研究者
瞑想ヨーガや整体などの見地から、現代人における生命力の発露を探求。日々の動作や日本文化の型を身体内の感覚からひもとき、自分の身体を自分で育くむ姿勢を指導。
著書に『身体感覚を磨く12ヶ月』(ちくま文庫)など。
共著『自分という自然に出会う)』講談社、『おとなの自然塾)』岩波アクティブ新書他 
【日時】2014年9月7日(日)8(月)
 10:30~18:30(延長の場合19時前後)の2日間  
【会場】札幌芸術の森
北海道札幌市南区芸術の森2−75 札幌芸術の森http://artpark.or.jp/access/
【参加費】26000円 
二日間通しの講座内容ですが、
一日のみの参加も可能です。(どちらの日でも可 参加費15000円)
    
【申込み】
お名前、ご職業、所属、連絡先(携帯電話)メールアドレス、何でいらっしゃるかを明記の上 umi@umi.lar.jp へお申込みください。
【定員】先着16名 
【主催】 Umiのいえ 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Umiのいえ いのちを育む学びと気づき
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
〒220-0073 横浜市西区岡野1-5-3サンワビル4F
tel 045-324-8737 mail umi@umi.lar.jp
地図 http://www.uminoie.org/p/access.html

0 件のコメント:

コメントを投稿